no-img
no-img
no-img
DIARY

2014



新年あけまして、おめでとうございます。
珍しく今年一発目の仕事をこのブログにしてみた。

今年はどうも、正月にゆっくり休んでいる感覚がない。
年末のなんやかんやの買い出しやら、初詣やら、釣りやらメシやら、街に出ても街を楽しんでいないのです。
そんな事よりも、次なるデザインのヒントとなるものをずーっと探している状態。
正月感は全くないけれど、アタマの動きは悪くない。

数年前からなんとなく、36歳となるこの年をひとつの分岐点として置いていた。
32歳ぐらいの時、仕事の事だけではなく、身体だったり考え方だったり人との距離感だったり、自分の中でハッキリと『変わった』と感じたことがいくつかあったのです。
『変わってしまった…』の場合もあるけれど。
そしてその時に、「なんとなく次は36歳あたりじゃなかろうか?」という直感があったのです。
去年は、その直感は大きくズレていなかったんだろーな、と、感じた年でした。

だからこそかもしれない。
お正月気分になれないのは。
この年が怖くて仕方ないのだ。
やるべき事が目の前に見えていて、そしてそれには『必ず』が付いていて。

今年は創作の年。
たくさん作ります。
作って、売って、メシを食う。
こんなシンプルな2014年でありますように!

センテニアル 永藤博胤