no-img
no-img
no-img
DIARY

押して駄目なのは知っているから引いてみてる。

さてさて。

先日発表した新作も、お取り扱い頂いております各店舗さんへの納品もあらかた終わり。

息をつく間もなく、次の新作作りへと脳をスパッと転換!
とは、すんなりいきません。
毎回毎回、新作の納品が終わると一旦、『生み出さない脳』となる。
チョロQでいうところの、“引っ張る”という作業。
この引っ張る作業は、結構大事。
引っ張れば引っ張るほど、より速く、より遠くまでたどり着けるのです。

が。
あるところまで引っ張りきると、ギチギチギチギチッ!と鳴り出す。
ゼンマイが最後まで巻ききれた状態。
チョロQの構造では、その先どんだけ引っ張ろうが、実はスピードも距離も変わらない。
これ、ホントに要注意。
鳴らし過ぎると、下手すりゃゼンマイが弾け飛んでしまうのです。

今さら、F1やらバイクやら新幹線やらスケボーやらトロッコやら台車やらには乗り変えれない。
というか、他のものを乗りこなしているイメージが沸かないのです。
まっこと面倒臭い性分ですな。

さてさて。
いよいよ引っ張り出しました。

ギュインギュインと伸びて見せるぜ、2012!