no-img
no-img
no-img
DIARY

(続)2010の想。

今日はお休み。

ぽかぽか陽気の中、自転車で奥須磨公園へ。
おにぎりをほお張り、ひとしきりムスメとキャッキャと走り回り、多井畑厄神へ。
目的はココ。
厄除大祭があるという事で、厄年のムスメを連れて。(子供でも厄年ってあるのね)
多井畑厄神は、日本最古の厄除けの霊地らしい。

奥須磨公園は山を切り開いた、大きめな部類に入る公園。
地形をほとんど変えることなく、山道に沿って作られている。
そんな公園なのでアップダウンは多く、砂利道もある。
最小限にしか手を加えていなく(と意図したかどうかは定かではないが)、『1m横、崖ですやん!』という山道や『絶対ココ、手すり要りますやん!』ってな階段、『えらい斜めでんなぁ!』の滑り台など、現代社会においてはやさしくなく、僕にとっては大変微笑ましき公園なのです。

そんな公園を自転車で上り下りしながら感じた。

カラダが重い!
腰が重い!
足が重い!
腕が重い!
税金が重い!
と。

税金はさておき、これはかなり体力が落ちている証拠。
30も越え、不摂生がまるまる現われている。
こりゃいかん!ってなことで、少しカラダを想いなおす事にした31歳の1月19日でした。

今日の記事、仕事とは全く関係なかったですなぁ。