no-img
no-img
no-img
DIARY

ここんとこおもうこと。

職人としてのおハナシ。

お店を始めて3ヶ月、それまででは想像もできなかった(あるいは、してこなかった)ような広がりがある。
ありがたいことに、様々なお仕事のハナシを頂くのです。
リングピロー、マリッジリング、リフォーム、タイピン、コンチョなどなど。
どれも僕のやった事の無い仕事ばかり。
課題をたくさん与えてくれて、本当にありがたいことなのです。

僕は、いわゆる学校でしっかりとした、正確な技術を教えてもらった事がありません。
専門書も読んできませんでした。
それはどこかで、そのやり方が絶対正しいと思う事の怖さを感じていたから。
知ることよりも、体感を第一に動いてきました。
怠け心も少しあるけど。

独学というのは、強い。
知らないという『弱さ』は、ある意味では『強さ』でもあると思うのです。
知っているという『強さ』は、同時に知ってしまったという『弱さ』があると思うのです。
これまでこの強さを武器に進んできた。

しかし、この仕事に飛び込んで10年。
歳も30を越えた。
もうぼちぼち、『知ってしまった弱さ』に足元をすくわれる事はない。(ハズ)
教科書を鵜呑みにしなければならないという、イイ子ちゃんにも今更ならない。(ハズ)
これから知ることは、ただのひとつの道筋である。という柔軟な考えもできる。(ハズ)

ってなことで、最近もう一度基礎からお勉強しています。
この10年間の僕の体感と、ザ・教科書との融合。

この先10年かけて、僕の中での教科書を再構築!