no-img
no-img
DIARY

始まりの合図

いよいよ工事開始。
解体作業に入って頂きました。
さすがプロのお仕事、ガーン!ガーーン!!ガァァァーン!!!と、お化けみたいなでっかいトンカチで壊し、アレヨアレヨという間に2Fの天井と壁が無くなってしまいました。
ある程度の予想はできていたものの、やっぱりスッキリ!
ショップスペースにコンクリートむき出しの階段が現れました。

ブランドが始まった当初、オーストラリアにいた僕たちがステキだねと話していたカフェがあるのだけど、そのカフェに近い空気感、『段差のある空間』が出来ました。

ドォォォン。。。。と一発目のお化けトンカチが唸りを上げた瞬間、“始まった”というわくわくと、“始まってしまった”という緊張感に、僕たちはある種出産の時の、なんとも言いがたい衝動に押し出された時に似た感覚で夜を過ごしています。